商品第2弾はホースオルフェノク激情疾走態! ついに受注開始!個数限定につきお早めに!!
写真は開発中のものです。デザイン・仕様は変更になる場合がございます。ご了承ください。
前回に引き続き、『ART WORKS MONSTERS』シリーズの
デザイナー・篠原保氏とメガハウス開発担当へのインタビューの後編をお届けします!
今回は『ホースオルフェノク激情疾走態』の話を中心に、気になるシリーズの今後についても…!?
---- オルフェノクの中でも、特に人気の高い『ホースオルフェノク激情疾走態』が遂に商品化されるわけですが、デザイン時に、特にこだわった部分を教えて下さい。
   
篠原 馬のこういうポーズってありがちなんだけど、意外と資料が少ないんですよ。(資料が)あっても、何だか嘘っぽくて。 なので、家から車で15分ぐらいの乗馬場まで、実際に馬を見に行きました!
障害物のコースがあって、飛び越える時の姿が参考になるかな、と思ってたら、やっぱり想像とは全然違うんです。 「ドッコイショ」って感じで。もっと、馬って重たいんですよ。
担当 なるほど〜。
   
篠原 それがすっごい感動的で。
でもそれを参考に描いてみたら、カッコ悪かった(笑)。
  一同:(笑)
篠原 でも、本物の馬を見る位に、原画にはこだわりました。
---- 今回は、下半身の背中のデザインを、劇中のCGとは異なったアレンジで描き起こして頂きましたが、この部分をリデザインしようと思い立った理由はありますか?
   
篠原 元々のデザイン画は側面図だけで、背中の模様がわかりにくかったんです。今回はいい機会だったので、ちゃんと自分がデザインした背中を用意したいと思って描きました。
   
---- あと、角や背中のパーツが『AWM‡U』の『激情態』に比べて、大きくなっていますが、このようなアレンジを加えた意図はあるのでしょうか?
   
篠原 単純に見栄えの問題ですね。 『激情疾走態』は、上半身より大きいものが下に付くので、プロポーションが全然変わるんです。なので、角や背中にもウェイトを置いていかないと、と。 ただまぁ、形は変えてはならぬ、ですよね。
   
担当 まぁ…ほどほどに…(笑)。

---- 『激情疾走態』の描き起こしデザインで、   
当初はもっと他のアレンジがあったんですか??
   
担当 いや、最初のデザインでは、羽が生えてて。「おかしいなぁ…」って(笑)。
当初は、「上半身は変えない」って話だったのに〜(笑)。
   
篠原 (笑)
   
---- 『激情態』は石膏像を思わせる彩色でしたが、『激情疾走態』の彩色にも新たなアレンジが加わるのでしょうか?
   
担当 どうなんでしょう…(篠原氏の方を見つつ)変えますか?
   
篠原 ま変えた方が良いと思います。今回の『激情疾走態』は、さらに値段が高いので… 極彩色とか?(笑)
   
担当 オルフェノクで“極彩色”はどうなんでしょう?(笑)
   
篠原 変えると言っても、元が元ですから、汚しをさらに凝るという感じでしょうか。
   
---- 『AWM』の彩色というのはどのように決まるのですか?
   
担当 最初に篠原さんから大体のイメージを頂いています。
『ホース』は石膏像をモチーフに、とか、『センチピード』はメタリック調に、といった風に。
オルフェノクは基本的にグレー基調ですが、折角ですし、全員色調を変えていますね。
篠原 逆に、シリーズを並べて置くと、「あれ?何か揃ってない…」とか思う時もありますが(笑)。
   
担当 (笑)。後は、『ロブスター』はエビだから赤い墨を入れましょうか、
など、『AWM』ならではのアレンジも取り入れています。
   
---- では、オルフェノク以外で、『AWM』シリーズに加えたい篠原さんのキャラクターはありますか?
   
篠原 僕は、特に無いですね。…あまりメガハウスさんに、ヤケドしないでほしいし(笑)。
   
担当 (笑)。じゃあ、僕は“冥府十神(『魔法戦隊マジレンジャー』)”で。
あ、でも、10体は厳しいかな。
   
篠原 「“冥府十神”」って言っておいて「10体は厳しい」って! それはおかしいですよ!
   
  一同:(笑)
   
---- では最後に、今後の『メガトレショップ』にどんな限定商品を期待しますか?
   
篠原 もっと小さくて、バリューの高いもの…例えばシルバーで作ったものとかね。
あと車のボンネットに付いてる「ジ○ガー」みたいな。
   
担当 あれは、イイですね!
   
篠原 ああいう感じで『ホースオルフェノク』。
国産車に付けて「何これ!?」っていう。でも、こんな無茶な企画ばかりで大丈夫ですか?
   
担当 大丈夫ですよ。『AWM』シリーズ、結構頑張っていますしね(笑)。
   
篠原 良いメーカーさんなので、長生きしてほしいな、と心からお祈り申し上げたいです(笑)
   
  2006年6月20日(火)・(株)メガハウスにて。
インタビューは、終始笑いの絶えない、和やかな雰囲気で
進行し、『メガトレ』スタッフ一同は、すっかり篠原さんのお話に引き込まれてしまいました。
本当は、もっとたくさん、楽しいお話を頂いたのですが、
オトナの諸事情により、非常に残念ながら、
掲載はできません…(苦笑)
篠原さん、お忙しい中、貴重なお時間を頂き、
本当にありがとうございました!

「篠原保氏×メガハウス」の徹底コラボレーションによる、
『AWM』シリーズの超プレミア商品『ホースオルフェノク激情疾走態』は、『メガトレショップ』限定販売!
クリエイター魂が凝縮された究極の一品……
お買い逃し無く!

ホースオルフェノク第一報はこちら
 
完 売 御 礼
※諸事情により、生産延期または中止の場合がございます。
予めご了承の上、お申込み下さい。
商品情報
■セット内容
彩色済完成品フィギュア・1体
素材:PVC・ABS
全高…約280mm(ノンスケール)
生産数
1,000個・完全限定生産です!
BACK